SDGsの【目標7】【目標9】【目標13】を目指します。

私たち一般社団法人日本サステナブル投資研究所(JSIL)は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」達成のために様々な方策を考え、実行することにより、企業は新たな事業成長の機会を見出し、リスク全体を下げることができると確信しております。企業は、その戦略・目標・活動などを立案・運用・周知・報告する上で、それら全体を包括するフレームワークとして、SDGsを利用することが可能となり多様な効果が得られます。

JSILは、SDGsの【目標7】と【目標9】及び【目標13】を目指します。その目標は以下の通りであります。


【目標7】すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

現代社会は、エネルギーの利用なくして成り立たないものになっています。かつては、エネルギーの確保を巡って世界中で戦争が起こりました。現在でも、エネルギーを安価で、かつ安定的に確保できるかどうかが、国の経済力や活力を大きく左右します。

日本国憲法では、国民に健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を定めていますが、水やエネルギーなどのインフラへの自由なアクセスは、こうした権利を保障するものです。

また、エネルギーの利用は環境負荷との関係を考慮に入れる必要があります。石油や石炭など比較的安価に手に入るエネルギーは、燃焼に伴う二酸化炭素の発生により、地球温暖化を招くことが科学的にも確認されています。

一方、非枯渇性資源である太陽光、風力、水力、バイオ、地熱などの再生可能な自然エネルギーは、クリーン、かつ安全なエネルギーとして、急速な技術開発コストの低減とともに、世界中で投資が活発化しています。日本は、この分野で新興・途上国への技術や資金支援などの貢献が期待されています。ただし、全世界に占める自然エネルギーの割合は、15%にとどまり、その比率をどう高めていくかが課題です。


【目標9】産業と技術革新の基盤をつくろう

経済成長や人々の暮らしを支えるレジリエント(強靭/復元力のある)な社会インフラを整え、資源効率性やイノベーションを誘発する産業の発展と科学技術研究の促進を図ります。
日本は、資源少国として、また激甚な公害を経験した工業先進国として、こうした課題を解決するクリーンで、環境にも配慮された技術や特許を有しており、開発途上国をはじめ多くの国や地域への貢献が期待されています。近年は、新幹線のように日本が独自で開発した社会インフラ技術を資金、技術、運用ノウハウとともに官民連携で一括して輸出する事例も増えてきています。一方、国内の科学技術に対する研究開発予算や人材育成環境には、欧米と大きな開きがあることも課題です。

衣食住や移動、労働など基本的ニーズを満たすインフラは、自由で公正な競争や活発な投資、社会の課題を解決する様々なイノベーションを誘発する社会の根本です。すべての人がアクセスできる包摂的で、かつ自然災害などにも強いインフラの構築は、人々の基本的ニーズを満たすものとして、持続可能な開発目標の達成にも重要な基盤となるものです。


【目標13】気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

気候変動はあらゆる大陸のあらゆる国に影響を及ぼすようになっています。国民経済が混乱し、生活に支障を来たすことで、人々やコミュニティー、そして国々には、現在はもちろんのこと、将来的にもさらに大きな負担がかかることになります。
各国がよりクリーンで強靭な経済を一気に達成できるような、手ごろで拡張可能な解決策は、すでに利用できる状態にあります。再生可能エネルギーその他、温室効果ガス排出量を削減し、適応への取り組みを本格化させる幅広い措置を採用する人々が増えていることで、変革は加速しています。
気候変動は国境を越えたグローバルな課題です。どこかで温室効果ガスの排出が増えれば、あらゆる場所の人々に影響が出ます。これは国際レベルで調整すべき解決策を必要とする問題であるため、開発途上国の低炭素経済への移行を支援するための国際協力が重要となってきます。

私たちは、再生可能エネルギー、エネルギー蓄積に資する革新的な技術に対する投資を検討し投資家に呼びかけて、投資対象を発掘して行きます。

その大きな理由は、SDGsの本質であります。SDGsは国際的な公共・民間投資が、SDGsの実現に向けて直面するであろう課題対応のために方向転換されることを目的としています。これにより、持続可能で包摂的なビジネスモデルを通して関連技術や解決策を提供しようとしている企業にとって、更なる市場の拡大や資本へのアクセスの緩和が可能になるため、それを支援しようと考えています。


「持続可能な開発目標(SDGs)」の全体のロゴ
(クリックすると大きな画像が表示されます。)


参 考:SDGsの企業行動指針 ?SDGsを企業はどう活用するか?
URL:http://www.ungcjn.org/sdgs/pdf/SDG_COMPASS_Jpn.pdf

JSILの目標

お気軽にお問い合わせください。03-5793-3722受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。