再生可能エネルギーに新たなる投資を

私たちJSILは、SDGsの【目標7】【目標9】【目標13】に向かうために、再生可能エネルギーの新規事業進出を約3500社ある上場企業の中でまだ実施していない企業様に推進する予定であります。
勿論、その趣旨は、伊藤レポートのROE8%を目指すサステナビリティなESG投資を推進するためでもあります。

私たちがキャッシュリッチな上場企業を訪問していると、最近、再生可能エネルギーの特に太陽光発電事業を新規で開始しようと検討されている会社様が多い事に驚きを感じます。新規事業として再生可能エネルギー事業を開始する事によるメリットは沢山あると思いますが、低金利時代でレバレッジが効く安定収益が魅力である点と、発電事業に対する新規事業参入により得られる電力売却収益は営業外収益では無く、事業収益となる事によるステークホルダーに対する対面が非常に魅力である点を指摘されます。

今後、2030年時点での再生可能エネルギーの事業規模は30兆円を超えると私たちは見ております。私たちJSILは、「インフラ投資法人」を上場させる仕事を通じて、未来のSDGs、まさに「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援していく事を「未来への志向」として、ここに誓いたいと思います。

「持続可能な開発目標(SDGs)」の全体のロゴ

「持続可能な開発目標(SDGs)」の全体のロゴ
(クリックすると大きな画像が表示されます。)

JSILの目標

お気軽にお問い合わせください。03-5793-3722受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。